お知らせ

無料メール講座へ登録(右の緑のボタン)をしていただくと、
最終面接官の視点で見た 「航空会社の面接受験7つの肝」 や、
航空に関わる最新情報などをお届けします。
もちろん無料ですし、登録の解除はいつでも出来ます。 

航空機の燃料と搭載場所

Fueling_a_plane

航空機の燃料は、自動車と同じガソリン?

いえ、灯油です。

灯油と言っても、
街で売られている灯油とは少し違って、

水分が少なく純度の高い「ケロシン」というものです。
水分が多く純との低い灯油だと、上空のマイナス50-70℃という気温では
凍ってしまう可能性があるからですね。

では、その燃料は機体のどこに入っているのでしょう?
タンクの場所ですね。

その前に、
いったいどのくらいの量の燃料が搭載されているのか
知っていますか?

勿論、航空機の種類や路線などによって変わってきますが、
長距離路線を例に挙げて言うと、

日本 ― ロンドン線などに使用されているボーイング777の場合、
最大で約17万リットル(約137トン)、ドラム缶で約850本分にもなります。
実際の搭載燃料は、上空の風やお客様の数などによって変わってきます。

それほどの量の燃料はどこに入ってるかですが、
空港での作業を見たことがある人は知ってるかもしれませんが、
主翼の中です。

翼は平べったく見えますが、内部は結構な容量があるので、
それだけの燃料が積めるというわけです。
主翼以外では、胴体の真ん中にもタンクがある機体が多いですよ。

ちょっとは役に立ったかなと思ったら、
ポチッ↓と押して↓くれるとやる気が出ますww

コメントを残す