お知らせ

無料メール講座へ登録(右の緑のボタン)をしていただくと、
最終面接官の視点で見た 「航空会社の面接受験7つの肝」 や、
航空に関わる最新情報などをお届けします。
もちろん無料ですし、登録の解除はいつでも出来ます。 

新入社員の離職率

20de0a25

統計では3年後には新卒の
中卒7割、高卒5割、大卒3割が退職する
そうですが、
航空会社はどうなのか気になるところです。

最初に「CRS」について説明しておきます。

CRSとは、Corporate Social Responsibility
(企業の社会的責任)の略で、
利益追求以外に、地球環境・地域社会・倫理などの
側面においても、法律で定めるレベルを超えて
積極的に貢献していこうという考え方を言います。

CSR活動の例としては、地球環境保護、企業統治と
積極的な情報開示、ボランティア活動の支援、
消費者に対する誠実な対応、それに、
従業員に対する職場環境の改善などが挙げられます。

 

東洋経済社のCSR調査によると、
学歴にかかわらずすべての2009年4月入社の社員が3年後の
12年4月に何人在籍しているかを調査した結果が下表のとおり。

さすがにCSRに積極的な会社だけあって、離職率は低いですね。

 

全体の定着率の平均は86.0%。男性87.5%、女性84.8%。
これは「3年後に5割辞める」と言われる高卒も含む数字で、
男女差もあまりなく、高い定着率となっています。

 

業種別では、
電気・ガス業の97.7%
海運業も97.6%
電気機器93.2%
医薬品92.6%
が高い定着率です。

 

一方、低い業種は、
証券・商品先物業63.9%
小売業69.6%
サービス業73.6%

仕事のきつい業種や土日の勤務が多い小売業は、
休みにくい職場であることも退職者が多い要因のようです。

 

個別企業のランキングでは、
定着率100%の
四国電力
三機工業
日本化薬
日本郵船
ADEKA
東京エレクトロン

 

上位各社の『CSR企業総覧』の
「インセンティブ向上への諸制度」欄を見ると、
社内公募や企業内ベンチャー、資格取得奨励に
国内・国外の留学制度など、さまざまな制度が並んでおり、
高い定着率となっているようです。

 

100%未満のランキングの注目企業では、
NTTドコモ(99.6%)
ソニー(98.6%)
キヤノン(98.3%)
あおぞら銀行(96.8%)
トヨタ自動車(95.4%)
オリンパス(94.5%)
エイチ・ツー・オー リテイリング(93.3%)
などが高い定着率です。

 

さて、空運業は? と見てみると、
データが無い(笑)

航空会社も300位には入っていないようです。
どの位なんでしょうか?

航空会社以外で働いた経験が無いので、
他社・他業種との比較はできませんが、
各種インセンティブや制度が整っている企業が多いので、
定着率は悪くはないのではないか思います。
ちょっとは役に立ったかなと思ったら、
ポチッ↓と押して↓くれるとやる気が出ますww

img_f9220d61eb177fb6dbda576e6015aa8f118621

 

img_db4cb6c8fc597eba73c4b185078db8fc528766

 

img_e216d66c8551d6e6e8f1c341064ceb72554811

 

img_6b41440d563b388bb9c322fa73ba6d15558429

コメントを残す