米国の地域航空のパイロット不足

米国の地域航空のパイロット不足がかなり深刻なようです。
彼らの年棒を見て目を疑いました。
こんなに低いのかと。
これでは、コンビニのアルバイトと同じ。
パイロットになるために借金をしながら1000万以上のお金を掛けてきて、
なってみたらこの給料じゃ、なり手が居なくなるのも頷けます。
さすがに大手航空会社のパイロットの給料はいいですが・・・
一時の高給に比べると低くなりましたね。
以下は The Wall Street Journal の記事の抜粋です。

航空管制官の募集情報

images

(平成26年度上半期 )国土交通省航空管制官の募集情報です。

申し込み期日は3月14日締切

採用のスケジュール、要件等はこちらから
http://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/adoption/20140307.pdf

 

 

 

パイロット確保が課題

1268832720_2

まだ少し先の話になりますが、

大手航空会社の日航、全日空は2030年頃に大量退職を迎え、
パイロット不足が懸念されています。

JALは2010年の経営破堤の際にパイロットを含めた大規模なリストラ
を実施しましたが、
経営が改善してきたこともあり、将来のパイロット不足に備えるために、
2015年から自社養成パイロットの募集を再開しましたね。

今後、パイロット確保が各社の事業戦略を左右することになりそうです。

特に、人員確保が更に厳しくなるのはLCCでしょう。
JALの経営破綻でリストラされたパイロットの受け皿となっていたLCCですが、
既にその要員も底をついて、人員確保に苦労しているようです。

日本ばかりではありません。
海外もパイロット不足が深刻化している状況で、
これからの20年で現在の規模に匹敵する50万人のパイロットが必要になるとのこと。

既に世界の航空会社の間でパイロットの争奪戦が始まっており、
米航空のユナイテッド、アメリカン、デルタの3強はパイロットの囲い込みに着手しているそうです。