グランドスタッフの仕事って?

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

空港でよく目にするエアラインスタッフ
というと、どういう人ですか?

最も分かり易いのが、
チェックインカウンターにいるスタッフですね。
自動発券機のところでアシストしている人。
搭乗ゲートでアナウンスしたり、搭乗手続きをしている人。
到着ロビーで、アナウンスや手荷物ハンドリングをしている人
もそうです。

あの人たちは「旅客グランドスタッフ」です。

ランプを見ると、「整備士」がいますね。

それと、
「ランプハンドリングスタッフ」
預かり手荷物の航空機への搭降載作業や、
航空機の誘導(マーシャラー)、牽引。
ボーディングブリッジ(搭乗橋)の操作も
ランプスタッフの仕事です。

では、
人の目につかないところで働いているグランドスタッフは?

空港総務や各部門の業務スタッフも勿論そうですが、
それ以外に、重要な仕事をしているグランドスタッフが居ます。

それは、
「航務スタッフ」

「航務?」聞き慣れない仕事だと思いますが、
航空機の運航やパイロットを地上で支える仕事です。
航空機が地上に居る間の出発準備作業のコントロールも行っています。

グランドスタッフのもう少し詳しい仕事内容は別途記述します。

今は、外国社や他社便を受託という形で、
仕事を請け負っているケースも 増えてきたので、
自社の仕事ばかりでもなくなってきていますね。

ちょっとは役に立ったかな?と思っていただけましたら、
ポチッ↓と押して↓くれるとやる気が出ますww

航空会社の仕事 総合職

私も、この総合職で入社しました。

 

航空会社の仕事と言うと、

パイロット、客室乗務員、グランドホステス、整備士

と思うのが一般的ですが、

航空会社は、そういうスペシャリストだけで成り立っているわけではありません。

 

航空会社の基幹要員として、会社の経営や運航を支えているのが

ゼネラリストの総合職です。

(外資系の航空会社には総合職としての採用というものは無いようですので、

ここでは、日本の大手航空会社を例に説明します)

 

 

その総合職には、

大きく分けて、「事務系」と「技術系」があります。

 

事務系は、

経営企画、総務、人事などの一般管理部門、乗員管理部門、

旅客・営業部門、貨物部門、運航管理部門、関連事業部門

 

技術系は、

整備管理部門、運航技術管理部門

 

などです。

 

配属先は、本人の希望も勘案して決められます。

 

事務系は、入社後に本社部門や空港・営業所に配属になって、

実務経験を積むことになります。

その後は、配属転換などを経て、組織長、空港所長・営業所長、支店長、

本社管理部門長・・(取締役) という流れが一般的です。
技術系は、入社すると現場での経験を積んだ後、
整備部門の基幹要員として、整備管理業務や、航空機メーカーとの折衝など
専門性を生かした整備管理業務に携わることになります。

将来的には、事務系と同様、組織管理職、部門長・整備工場長・・(取締役)

という流れになります。

 

応募資格は会社によっても違いますが、

4年制大学または大学院を卒業・修了見込みで、
技術系は理工系学部・学科となります。

 

今では航空会社の就職人気も陰りが見えますが、

私が入社した頃、学生の就職先人気No1でしたから、

周りは東大、京大、東工大、一橋、早稲田、慶応など
一流大学からきた秀才ばかりで、
私のように地方の国立大から来ると、ちょっと気後れしましたね。

話してみると、大学で遊んできたやつばかりで、大したことない(笑)

 

航空会社の仕事(概要)

pic-airline

航空会社での仕事の内容については、
追って詳しく説明しますが、

ここでは、どんな職種があるのかだけを、
列挙しておくに留めます。
その方が一目で分かりやすいと思うので。

航空会社の仕事には、携わる業務によって
分かれますが、
概ね以下の仕事に分けられます。
「航空会社の仕事(概要)」の続きを読む…