お知らせ

無料メール講座へ登録(右の緑のボタン)をしていただくと、
最終面接官の視点で見た 「航空会社の面接受験7つの肝」 や、
航空に関わる最新情報などをお届けします。
もちろん無料ですし、登録の解除はいつでも出来ます。 

航空会社の仕事 総合職

私も、この総合職で入社しました。

 

航空会社の仕事と言うと、

パイロット、客室乗務員、グランドホステス、整備士

と思うのが一般的ですが、

航空会社は、そういうスペシャリストだけで成り立っているわけではありません。

 

航空会社の基幹要員として、会社の経営や運航を支えているのが

ゼネラリストの総合職です。

(外資系の航空会社には総合職としての採用というものは無いようですので、

ここでは、日本の大手航空会社を例に説明します)

 

 

その総合職には、

大きく分けて、「事務系」と「技術系」があります。

 

事務系は、

経営企画、総務、人事などの一般管理部門、乗員管理部門、

旅客・営業部門、貨物部門、運航管理部門、関連事業部門

 

技術系は、

整備管理部門、運航技術管理部門

 

などです。

 

配属先は、本人の希望も勘案して決められます。

 

事務系は、入社後に本社部門や空港・営業所に配属になって、

実務経験を積むことになります。

その後は、配属転換などを経て、組織長、空港所長・営業所長、支店長、

本社管理部門長・・(取締役) という流れが一般的です。
技術系は、入社すると現場での経験を積んだ後、
整備部門の基幹要員として、整備管理業務や、航空機メーカーとの折衝など
専門性を生かした整備管理業務に携わることになります。

将来的には、事務系と同様、組織管理職、部門長・整備工場長・・(取締役)

という流れになります。

 

応募資格は会社によっても違いますが、

4年制大学または大学院を卒業・修了見込みで、
技術系は理工系学部・学科となります。

 

今では航空会社の就職人気も陰りが見えますが、

私が入社した頃、学生の就職先人気No1でしたから、

周りは東大、京大、東工大、一橋、早稲田、慶応など
一流大学からきた秀才ばかりで、
私のように地方の国立大から来ると、ちょっと気後れしましたね。

話してみると、大学で遊んできたやつばかりで、大したことない(笑)

 

コメントを残す